新選組

日本史

会津戦争|戊辰戦争,不義をもって生きず

会津戦争  明治新政府軍、東北地方の統治にたいし、会津藩は抵抗を続けた。犠牲者は民間人も含めて2500人に上ったと言われている。少年達が自害した白虎隊の悲劇も会津戦争の最中に起った出来事であった。やがて会津藩は若松城に立てこもることに...
日本史

新選組(新撰組)|新選組の歴史とその誕生

新選組(新撰組) 新選組は、1863年、近藤勇・土方歳三らが組織した浪士組。京都守護職の指揮下に置かれ、池田屋事件など攘夷派制圧に活動した。戊辰戦争で敗北する。剣客として山南敬助,沖田総司,永倉新八らが活躍した。 ...
日本史

池田屋事件|新選組,尊王攘夷派,近藤勇,京都焼討ち

池田屋事件 池田屋事件とは、1864年新選組が京都三条河原町の池田屋に集結した尊王攘夷派を襲撃した事件である。八月十八日の政変以降も尊王攘夷派との対立は続いていた。5月、京都三条の池田屋で尊王攘夷派が集まり、京都に火をつけ、その間に孝...
日本史

近藤勇|新選組局長,天然理心流宗家,池田屋

近藤勇 天保5年(1834)10月5日~明治元年(1868)4月25日。天然理心流宗家四代目、新選組局長、幕臣。新選組として京都の治安維持を担い、反幕府の志士たちを取り締まった。徳川幕府崩壊後、再起を図るが新政府軍(官軍)に捕らえられ...
日本史

虎尾の会|尊王攘夷運動の志士達,清河八郎

虎尾の会 虎尾の会とは、清河八郎、山岡鉄舟、伊牟田尚平らによって攘夷を目指して結成された会である。幕府により、日米修好通商条約の調印されると、攘夷の気運は高まることになる。井伊直弼が力を持つようになると、安政の大獄や桜田門外の変がおこ...