存在論

人文科学

ジョージ・バークリー|存在するとは知覚されることである。

ジョージ・バークリー George Berkeley 1685年3月12日 - 1753年1月14日 ジョージ・バークリーは、イギリス・アイルランドの哲学者・聖職者。主著は、『視覚新論』、『人知原理論』。経験論の立場から知覚の経験を重...
人文科学

マルティン・ハイデガー|哲学と思想,存在論,世界内存在

マルティン・ハイデガー Martin Heidegger ハイデガー(1889.9.26 - 1976.5.26)は、ドイツの哲学者である。存在論や実存主義で高い評価を得ている。主著は『存在と時間』『ヒューマニズムについて』。ハイデガ...
人文科学

ジャン=ポール・サルトル|実存は本質に先立つ

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル Jean-Paul Charles Aymard Sartre サルトル(1905年~1980年)はフランスの文学者、哲学者である。主著は『実存主義とはなにか』、『存在と無』、『弁証法的理...
人文科学

パルメニデス|思想と存在論

パルメニデス Parmenidēs 紀元前500年頃 エレア Elea に生まれたギリシアの哲学者。エレア学派の祖。『自然』という詩が約 160 行現存。彼は「有るもの」のみがあり、「有らぬもの」はないとの原理に立って、存在の唯一不変...
人文科学

メリッソス|思想と哲学

メリッソス パルメニデスの門下生であり、存在が一であり、不滅であること、生成変化を否定すること、感覚的認識を認めないことでパルメニデスと同意見であった。しかし、存在を無限とする点でパルメニデスとは異なる。 空虚は存在しない ...