ヴォルテール

世界史

理神論|17~18世紀のヨーロッパ,ヴォルテール,ジョン・ロック

理神論 理神論とは、ラテン語のdeus(神)に由来し、17~18世紀にかけておもにイギリスを中心に展開した合理主義的・自然主義的な宗教哲学である。啓示宗教に対する宗教概念として自然宗教と呼ばれることもある。宗教の教義は理性によって基礎...
世界史

百科全書派(アンシクロペデイスト)ディドロ,ダランベール,ルソー

百科全書派 ひゃっかぜんしょは 百科全書派は、18紀後半の啓蒙期のフランスで刊行された『百科全書』の編集・執筆に参加した進歩的な啓蒙思想家たちの総称。アンシクロペデイスト(仏)、エンサイクロペディスト(英)とも呼ぶ。哲学者ディドロを中...
世界史

啓蒙思想(啓蒙主義)|ロック,ルソー,カント,ヴォルテール

啓蒙思想(啓蒙主義) enlightenment 啓蒙思想(啓蒙主義)とは、17世紀後半から18世紀のヨーロッパで、理性によって伝統的な因習・迷信・偏見・無知から人間を解放する思想や運動のことである。17世紀の近代自然科学の誕生によっ...
世界史

フランス革命|世界史,解体するアンシャンレジーム

フランス革命 1789年におこったフランスの市民革命。国王や聖職者、貴族などの支配階級に対し、参政権もなく重税に苦しんでいた市民階級(第三身分)が起こした革命である。絶対王政を中心としたアンシャンレジームを打倒し、自由・平等の理念に基...
哲学

『哲学書簡』ヴォルテール

『哲学書簡』ヴォルテール 『哲学書簡』(1734)は、ヴォルテールの主著。ヴォルテールはフランスのバスティーユに投獄された後、イギリスに亡命した。このときイギリスの政治に触れ、近代市民社会を確立したイギリスの進歩的な思想・文化・風習(...
人文科学

寛容|ジョン・ロック,ヴォルテール

寛容 toleration 寛容とは、自分と立場や見解の異なる者をも認め、たがいの立場を尊重しあうこと。トマス・モアは『ユートピア』で架空の国における寛容な宗教を描いた。 目次 ジョン・ロックの寛容 ヴォルテール...