ニヒリズム

人文科学

フリードリヒ・ニーチェ|反キリスト教と超人思想

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ Friedrich Wilhelm Nietzsche ニーチェはドイツの哲学者である。主著は『ツァラトゥストラ』、『力への意志』、『善悪の彼岸』。実存主義者。キリスト教は香車に対する弱者のルサン...
人文科学

超人|ニーチェの超人思想

超人 超人とは、ニーチェの言葉で、ニヒリズムに陥った人間を通過点とし、その超越の極限にたつ存在である。超人は価値が喪失した中で、なおをも生を肯定し、キリスト教に代わり、道徳や倫理の彼岸に立ち、民衆に命令を下す存在である。ニーチェは、ヨ...
人文科学

ニヒリズム(虚無主義)|伝統的な価値や権威の否定と破壊

ニヒリズム nihilism ニヒリズム(虚無主義)とは、伝統的な価値観や権威をすべて否定し、破壊しようとする思想である。ラテン語で無を意味するニヒル(nihill)に由来し、虚無主義と訳される。もっとも確実で価値あるものとされてきた...
人文科学

永遠回帰|ニーチェ,繰り返される生の肯定

永遠回帰 永遠回帰とは、ニーチェの重要用語で、あらゆる事柄が同じ順序と脈略にしたがって永遠にくりかえされること。この生が永遠と繰り返す様は、ニヒリズムの極限の姿とされる。この世で体験した喜びや苦悩と共に永遠に回帰することすら肯定し、こ...
哲学

力への意志(権力への意志)|ニーチェ,Wille zur Macht

力への意志(権力への意志) 力への意志とは、ニーチェの後期の概念で、常に自己を超越・強化し、成長しようとする根源的な生命力に基づく意志である。生命の持つ意志は、たえずより強くなろうとして力をめざす。あらゆる抵抗を克服して破壊と創造を繰...
哲学

ニーチェの著作|悲劇の誕生,ツァラトゥストラ,

ニーチェの著作 急進的で独創的な思想家であったニーチェの文体もまた独創的なものであった。人目を惹きつける激しい文体で書かれており、通俗的で、ときには皮相なやり方で思想を魅力的に描いていた。しかし、それゆえに、ニーチェが活躍した当時は、...