デカルト

人文科学

懐疑論|ヒューム,デカルト

懐疑論 skepticism 懐疑論は、主観的で限られた人間の知性によっては、普遍的・絶対的な真理を知ることはできないという考え方。懐疑論はすべてを疑い、疑いうるもののいっさいについて判断を控える。ヘレニズム時代のピュロンが始祖とされ...
人文科学

ルネ・デカルト|哲学と思想

ルネ・デカルト René Descartes 1596年3月31日 - 1650年2月11日 ルネ・デカルト(1596年~1650年)『方法序説』、『哲学の原理』、『省察』。スコラ哲学に見られるような抽象的な思弁を批判し、直観に与えら...
人文科学

トマス・ホッブズ|思想と哲学,社会契約論

トマス・ホッブズ  Thomas Hobbes  1588.4.5 - 1679.12.4 トマス・ホッブズはイギリスの哲学者・政治学者。イギリス・マームスべリー(Malmesbury)に牧師の子として生まれる。フランシス・ベーコンや...
哲学

ジョン・ロックの経験論

ジョン・ロックの経験論 デカルトに代表される観念論によれば人間は生まれながら、同一律、矛盾律、道徳、良心、神の観念をもつと考えられていた。ジョン・ロックは、観念論に対し、人間は生まれながら観念を持っているわけではなく、人間は真っ白な状...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
天文学

ガリレオ・ガリレイ|地動説,宗教裁判,科学革命

ガリレオ・ガリレイ GalileoGalilei1564-1642 ガリレオ・ガリレイは、イタリア・ピサ出身の数学者、物理学者。主著『天文対話』、『新科学対話』。諸現象を仮説に基づく実験によって数学的に検証する科学的方法を確立し、近代...
哲学

『哲学原理』デカルト

『哲学原理』デカルト 『哲学原理』とは、デカルトによって書かれ、人間の認識や物体の原理について述べられている。真理の認識の原理として、「我思う。ゆえに我あり」が説かれ、また「神は運動の第一原因であり、宇宙の内に常に同じ運動量を維持する...
哲学

「我思う。ゆえに我あり」  コギト・エルゴ・スム |デカルト

「我思う。ゆえに我あり」(コギト・エルゴ・スム) Cogito ergo sum 「我思う。ゆえに我あり」(コギト・エルゴ・スム)とは、デカルトの哲学の根本原理であり、直観的で明晰判明な観念として、哲学の基本命題とされた。コギト・エル...
哲学

生得観念

生得観念 生得観念とは、人間が生まれながらに持っている観念。神の観念や善悪の観念が、その例とされる。 目次 プラトン デカルトによる生得観念 ジョン・ロックによる生得観念の否定 ライプニッツのロックへの反論 ...
世界史

近代科学|成立,ケプラー,コペルニクス,デカルト

近代科学 modern science ヨーロッパで16〜17世紀に誕生した、経験に基づく実証的な自然科学を総じて近代科学という。近代科学は、物理学からはじままった。力学や運動理論によって、17世紀のケプラー、ガリレオ、デカルト、ニュ...