サルトル

人文科学

レヴィ=ストロース|文化人類学者,構造主義の発見

レヴィ=ストロース Claude Lévi-Strauss レヴィ=ストロース(1908.11.28 - 2009.10.30)は、文化人類学者、哲学者である。主著は『親族の基本構造』『構造人類学』『悲しき熱帯』『野生の思考』『神話論...
人文科学

ジャン=ポール・サルトル|実存は本質に先立つ

ジャン=ポール・シャルル・エマール・サルトル Jean-Paul Charles Aymard Sartre サルトル(1905年~1980年)はフランスの文学者、哲学者である。主著は『実存主義とはなにか』、『存在と無』、『弁証法的理...
世界史

マルクス主義|マルクスとエンゲルスが創始した思想運動

マルクス主義 マルクスとエンゲルスが創始した理論体系の総称。あるいは、マルクスの名のもとに展開された思想運動。マルクス主義ほど二十世紀の政治と思想に大きな影響を与えたものの、共産主義社会の実現は悲惨なものとなった。 ...
人文科学

実存主義|サルトル,ニーチェ,キルケゴール他

実存主義 existentialism 実存主義は、19世紀の合理主義や実証主義に対して、そのような客観的な抽象的思考では把握できない個としての人間の立場を強調し、孤独・不安・絶望・苦悩の中に生きる、個別的・具体的な「この私」の存在を...
人文科学

現象学|現象学とはなにか。

現象学 Phänomenologie(独) 哲学者のフッサールが提唱した哲学で、世界があると素朴に信じる日常の「自然的態度」から、純粋な意識の内面に立ち返り、そこにあらわれる現象をありのままに記述する学問である。日常の経験では、世界は...
人文科学

弁証法|多数の哲学者の弁証法を紹介

弁証法 Dialektik(独) 弁証法とは、対話法・問答法を意味する。「対話する」というギリシア語の動詞(ディアレゲスタイ)に由来する。ヘーゲルが弁証法を自身の哲学に持ち出して以降は、ある立場(テーゼ)と、それに対立する立場(アンチ...