エウリピデス

哲学

ソポクレス|ギリシア悲劇

ソポクレス Sophokles 前496〜前406 ソポクレスはアイスキュロスやエウリピデスに並ぶギリシア三大悲劇作家の一人。主著は、『アンティゴネー』、『オイディプス王』。古典的な悲劇の完成者とされる。古代ギリシアの伝説を題材に神の...
世界史

ギリシア悲劇|アイスキュロス,ソポクレス,エウリピデス

ギリシア悲劇 τραγῳδία tragoidia ギリシア悲劇とは、前6世紀から前5世紀にかけて盛んになった古代ギリシアの演劇。韻文・音楽・踊りを総合した舞台芸術。ヨーロッパでは最古の演劇。都市国家アテナイで酒の神ディオニソスに捧げ...
世界史

アイスキュロス|古代ギリシアの悲劇詩人『縛られたプロメテウス』

アイスキュロス Aischylos 前524〜前 456 アイスキュロスは、ギリシア三大悲劇作家のうちの一人で、ソポクレスやエウリピデスより古い世代。主著は、『縛られたプロメテウス』『オレステイア』。90作品書いたと言われているが、現...
哲学

エウリピデス|古代ギリシアの悲劇詩人,世界史

エウリピデス Euripides 前485〜前406 エウリピデスは、アイスキュロス、ソポクレスに並ぶギリシア三大悲劇作家の一人である。神話や伝説を題材としながらも、人間の生き方や心理を写実的な迫力をもって描き、伝統になじまない新しい...