アリストテレス

人文科学

アリストテレス|あらゆる学問の基礎を築いた哲学者

アリストテレス  Aristoteres B.C.384~B.C.322 アリストテレスAristoteresは、古代ギリシアの哲学者。主著は『形而上学』、『ニコマス倫理学』、『政治学』、『自然学』、『詩学』。(アリストテレスの著書)...
人文科学

哲学|哲学とはなにか。

哲学 Philosophia 哲学は、一般に世界や人生が全体として何であるか、どのような意味や目的を持つ物かという根本的な問題を考える学問である。日常生活で自明の前提とされている一定の世界秩序や価値体系を、それらを自覚的・批判的に問う...
哲学

『ニコマコス倫理学』アリストテレス

『ニコマコス倫理学』アリストテレス アリストテレスの 著作(講義録)で、さまざまな知性的徳と倫理的徳(習性的徳)を分類し、徳をそなえた人間の本来の生き方について説いた倫理学の主著である。その名はこの本を編集したとされる息子のニコマコス...
哲学

善|哲学,宗教,善とはなにか。

善|哲学,宗教 善とは、倫理や道徳において使われる言葉で倫理的・道徳的であることを意味する。徳や良心など。ニュアンスは幅く古代ギリシアの哲学者アリストテレスは「“善い”という言葉は“有る”と同じように多くの意味で使われると述べている。...
哲学

現実態(エネルゲイア)|アリストテレス

現実態 (エネルゲイア) energeia 現実態(エネルゲイア)とは、アリストテレスの哲学用語で「働き(ないし作品)」「の状態に(エン)」「あること(エケイン)」を意味するギリシア語。エネルゲイアは働き(エルゴン)の中にあることを...
政治

三権分立|モンテスキュー,ジョン・ロック,アリストテレス

三権分立 三権分立とは、国家の統治権を三つに分け、それぞれを独立した機関が遂行することによって、権力の集中と濫用を防ぐ制度。権力分立ともいう。 ジョン・ロック 三権分立はイギリスの哲学者ジョン・ロッ...
人文科学

トマス=アクィナス|スコラ哲学,『神学大全』,倫理,思想と哲学

トマス=アクィナス Thomas Aquinas トマス=アクィナス(1225 - 1274.3.7.)はイタリア出身の神学者、哲学者。スコラ哲学の大成者。主著は『神学大全』。トマスはアリストテレス哲学を用いてキリスト教神学を合理化に...
人文科学

科学哲学|論理実証主義と日常言語派,他

科学哲学 科学哲学とは、主に科学を哲学の対象として扱い、様々な分析を行うという哲学的立場をいう。科学の歴史はニュートンが活躍した18世紀はじまるが、デカルトやライプニッツ、さらに遡ってアリストテレスもまた科学者の側面を思っている。科学...
人文科学

アリストテレスの霊魂論|心理学

アリストテレスの霊魂論 アリストテレスによれれば、感覚作用は動物の中にある霊魂に関わるものであり、霊魂は生命とともに、感覚、記憶、理性、意思などとも関わると考えられていた。アリストテレスはプラトンの霊魂と肉体の二元論には反対する。霊魂...
人文科学

アリストテレスの論理学

アリストテレスの論理学 アリストテレスの大きな仕事として論理的研究がある。学問的思惟の形式および法則を取り扱ったもので、今日、伝統的論理学と呼ばれるものは、大部分がアリストテレスの研究成果であり、歴史的に極めて重要である。 ...