政治学

人文科学

デリダ|西洋近代の脱構築,音声中心主義批判

デリダ Jacques Derrida デリダ(1930.7.15 - 2004.10.8)は、フランスの思想家、哲学者である。アルチュセール、バタイユ、ブランショ、ラカンなどの影響を受け、ポスト構造主義者と称される。脱構築を唱え、西...
世界史

唯物論|フォイエルバッハ,マルクス,そして唯物史観へ

唯物論 唯物論とは、精神に対する物質の根源性を主張する哲学的立場である。哲学者マルクスは、絶対的精神を提唱したヘーゲルの哲学に対し、人間の意識がその存在を規定するのではなく、人間の社会的存在がその意識を規定すると延べ、唯物論を提唱する...
哲学

ハーバーマス|「正義」政治学

ハーバーマス Jürgen Habermas ハーバーマスはドイツの社会学者・哲学者で、フランクフルト学派の第二世代に属する。主著は『コミュニケーション的行為の理論』『理論と実践』『公共性の構造転換』。ホルクハイマーやアドルノのように...
工学

ブレイトンサイクル|ガスタービンに使われる理想サイクル

ブレイトンサイクル(Brayton cycle) ブレイトンサイクルとは、発電所で使われいてるガスタービンに使われる理想サイクルで、等圧で受熱と排熱(断熱圧縮、等圧加熱、断熱膨張、等圧冷却)が特徴である。 気体を圧縮し熱エネルギー...
世界史

ハンムラビ法典|目には目を歯に歯を,世界史

ハンムラビ法典 ハンムラビ法典は、ハンムラビ王が制定した法典である。シュメール法を継承し、集大成した成文法である。全282条からなる。刑法・商法・民法など多くの内容を含み、刑法では同害復讐法と身分による刑罰差を特徴としている。後世の法...
世界史

キケロ|ローマ帝国を牛耳る政治家,雄弁家

キケロ キケロ(Cicero)(前106ー前43)は、政治家・散文家・雄弁家である。主著は、『国家論』、『法律について』、『義務について』である。ローマ東南部の100キロほどの田舎町アルピヌスの出身であった。騎士出身で政治家としてカエ...
世界史

冊封体制|中国による周辺諸国支配と国際秩序の形成

冊封体制 冊封体制とは、中国の皇帝が、儒教思想をもとにして周辺諸国の支配者との間で形式上の君臣関係を結ぶことによって形成された国際秩序である。冊封体制は、周辺諸国の君主が中国皇帝に朝貢の使節を送り、それに対して中国の皇帝が位階(王・諸...
世界史

封建制度|中世ヨーロッパや日本の支配形態

封建制度 封建制度は中世ヨーロッパに代表される支配システムのことをいう。君主は、領主や家臣に領土を与える代わりに、租税、貢物、出兵を与える関係として成立する。君主と臣の間の主従関係に基づく統治制度である。中世のヨーロッパや中世の日本、...
世界史

ヴァルナ|カーストにつながる古代インドの身分制度

ヴァルナ ヴァルナは、アーリヤ人のイラン・インド地域に征服・定住して以降、前10ー前7世紀にかけて形成された厳重な階層身分制度である。アーリヤ人が定住した当初は、バラモン・クシャトリヤ・ヴァイシャ・シュードラの四つの基本的身分(ヴァル...
世界史

アテネの民主主義|古代ギリシアが生んだ民主政

アテネの民主主義 民主主義とは、市民が主導権を握って行われる政治であるが、アテネではこの民主主義が始まった。前508年のクレイステネスの改革で基礎が築かれ、ペルシア戦争後政治家ペリクレスの指導で完成されるなど、アテネで典型的な発展が見...