政治学

冊封体制|中国による周辺諸国支配と国際秩序の形成

冊封体制 冊封体制とは、中国の皇帝が、儒教思想をもとにして周辺諸国の支配者との間で形式上の君臣関係を結ぶことによって形成された国際秩序である。冊封体制は、周辺諸国の君主が中国皇帝に朝貢の使節を送り、それに対して中国の皇帝… read more »

封建制度|中世ヨーロッパや日本の支配形態

封建制度 封建制度は中世ヨーロッパに代表される支配システムのことをいう。君主は、領主や家臣に領土を与える代わりに、租税、貢物、出兵を与える関係として成立する。君主と臣の間の主従関係に基づく統治制度である。中世のヨーロッパ… read more »

キケロ|ローマ帝国を牛耳る政治家,雄弁家

キケロ キケロ(Cicero)(前106ー前43)は、政治家・散文家・雄弁家である。主著は、『国家論』、『法律について』、『義務について』である。ローマ東南部の100キロほどの田舎町アルピヌスの出身であった。騎士出身で政… read more »

古代ギリシアの奴隷制度|民主主義を支えた奴隷制度

古代ギリシアの奴隷制度 古代ギリシアのポリス社会は、奴隷の使用を当然のこととみなし、また奴隷の労働は多くの市民の生活にとっては不可欠であった。奴隷は自分たちの共同体を失い、家族をもつことも許されない、人格は認められず、ア… read more »

アテネの民主主義|古代ギリシアが生んだ民主政

アテネの民主主義 民主主義とは、市民が主導権を握って行われる政治であるが、アテネではこの民主主義が始まった。前508年のクレイステネスの改革で基礎が築かれ、ペルシア戦争後政治家ペリクレスの指導で完成されるなど、アテネで典… read more »

ハンムラビ法典|目には目を歯に歯を,世界史

ハンムラビ法典 ハンムラビ法典は、ハンムラビ王が制定した法典である。シュメール法を継承し、集大成した成文法である。全282条からなる。刑法・商法・民法など多くの内容を含み、刑法では同害復讐法と身分による刑罰差を特徴として… read more »

氏姓制度|大和朝廷が作った政治組織と身分制度

氏姓制度 大和朝廷は、氏姓制度という政治組織制度をつくった。大和朝廷は、大王(天皇)の氏である皇室を中心にして、大和地方の有力な豪族の連合政権として形成された。国土統一は、地方の多数の小国家(クニ)やその連合を服属させる… read more »

Sidebar