3R|リサイクル、リデュース、リユース

3R

3Rとは、リサイクル(Recycle)、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)の頭文字をとった単語で、環境と調和した社会を構築するため、効率的かつ効果的に進めるためのキーワードである。

リデュース(Reduce)

リデュース(Reduce)とは、資源の有効利用、廃棄物の減量化および資源の循環を図ることである。限られた資源を有効活用するため、製品をつくるときに素材や構造などを工夫して、使い終わった後に出るごみの量を少なくすることが必要とされる。

リサイクル(Recycle)

リサイクル(Recycle)とは使い終わったものをもう一度資源に戻して製品をつくることである。有限な資源に対して、半永久的に循環させる社会を目指さなければならない。

リユース(Reuse)

リユース(Reuse)とは一度使ったものをごみにしないで何度も使うようにすることである。

企業責任

企業や社会は、積極的に3Rを考慮したものづくりをしなければならない。3Rのガイドラインを作成すること、金属部品やプラスチック部品などを容易に取り外して材料の分別ができるようにすることなど、様々な工夫がなされ、持続可能な社会に貢献する義務がある。