輪廻転生

輪廻転生

輪廻転生とは、生物は、業から影響を受け、生死を繰り返すという考え。ウパニシャッド哲学仏教で見られる。

ウパニシャッド哲学

ウパニシャッドにおいては「輪廻するのは業である」と説き、業 (生存中の行為)の結果、人間の魂は生死を繰り返す輪廻という考えに基づき、善い行為 (業) には良い結果 (報) が対応する、とした。この考え方は仏教に引き継がれる。