軸受鋼|高炭素クロム軸受鋼鋼材

軸受鋼

軸受鋼とは、転がり軸受に使用される材料である。高炭素で、クロム(Cr)が含まれているため、高炭素クロム軸受鋼とも呼ばれる。転がり軸受として高速で繰返し荷重を受けるため、耐摩耗性に優れている。

転がり軸受の性能

    転がり軸受には、耐荷重、耐摩耗性、焼入性、耐食性が求められる。高炭素クロム軸受鋼鋼材は、1~2μm程度の微細で球状のクロム炭化物を基地に均一に分布されている。

軸受鋼の成分

軸受鋼は、0.95~1.10%程度の炭素(C)に耐摩耗性を向上させるため、0.90~1.60%程度のクロム(Cr)を含む。また、少量のマンガン(Mn)やモリブデン(Mo)を添加することで、焼入れ性を向上させている。

SUJ

JISではSUJの記号で表され、一般的な軸受に用いられるSUJ2、マンガン(Mn)を添加して、より厚肉のものに用いられるSUJ3、モリブデン(Mo)を添加して焼入れ性を向上させたSUJ4、SUJ5などの規格がある。

軸受鋼の化学成分 JIS G 4805

軸受鋼の化学成分 JIS G 4805