詭弁

詭弁

詭弁を真理のように見せかけて、相手を欺くための弁論や議論。見かけは正しいように思えるが、実は誤った論理を用いて相手を言いくるめる弁論術である。論理のすり替えや嘘を根拠にした主張を行うなどがあげられる。古代ギリシアではソフィストたちが詭弁を話したとされたことから、英語ではsophismと使われる。