測定誤差

測定誤差

測定誤差とは、測定に関して、測定値と現物の寸法との差異である。測定者の技術や測定機器の精度、測定に使う定盤の精度の違いから生まれる。通常、測定誤差を加味して公差が設けられるが、特に精密加工では、革新的な問題となる。

目次

測定誤差の原因

  • 測定機の性能
  • 測定機の状態(メーカーの違いや汚れや磨耗)
  • 測定する土台(定盤)の精度
  • 測定者による個人差
  • 測定場所の環境(温度や湿度等)

測定機器による誤差

  • デジタルノギス:±0.03
  • マイクロメータ:±0.01
  • ダイヤルゲージ:±0.01
  • 電気DG:±0.005
  • 測定顕微鏡:±0.01
  • 投影機:±0.02
  • 3次元測定機:±0.001

Sidebar