応力-ひずみ曲線

応力-ひずみ曲線

材料荷重が加わると応力ひずみが生じるが、その関係を表すものを、応力-ひずみ曲線である。降伏現象が起きる鋼では、下図のような応力―ひずみ曲線ができるが、材料によって異なる。

降伏現象

降伏現象とは、鋼のような延性材料で見られる現象で、応力-ひずみ曲線で表される。

比例限度

比例限度とは、応力ひずみが比例して変化する上限の応力である。機械材料は比例限度内で使うことが重要である。

弾性限度

弾性限度とは、かかっている応力を除外すると、もとの状態にもどることができる上限の応力である。弾性限度を超えると永久ひずみが残ったままで、変形したままになる。

上降伏点・下降伏点

上降伏点・下降伏点とは、応力が増加しないでひずみが増加し始める直前の応力である。

極限強さ

極限強さとは、引張り強さとも呼ばれ、破断に至るまでに受ける最大応力である。極限強さを過ぎると試験片にネッキング(くびれ)が生じて変形が局所的になる。

破断強さ

破断強さとは、破断する直前の応力である。

耐力

鋼は応力―ひずみ曲線に降伏点が現れるが、そうでない材料では耐力が用いられる。通常永久ひずみが0.2%になるような応力を耐力として表される。