彩陶|古代中国の黄河文明に見られる土器

彩陶

彩陶は素焼きの淡紅色の地に、赤・白・黒などで文様をほどこした土器で中国の黄河文明に見られる。焼成温度は約1000°C。形状は鉢型・碗型が多く、河南・山西・陝西・甘粛などに分布して出土が確認している。

彩陶の製法

彩陶の製法には西方の新石器文化の影響が考えられ、オリエントから伝わったと考えられるが、詳細はわかっていない。

彩陶の用途

彩陶の用途は、祭祀用など特殊の用途で使われた。