市民革命|ピューリタン革命,アメリカ独立戦争,フランス革命

市民革命

市民革命とは、17,18世紀の近代ヨーロッパにおいて、資本主義の発展によって経済力をつけた市民階級が絶対王政を倒して、民主主義に基づく近代市民社会を確立した政治変革。人間は自由で平等であるという思想から、民主政治を実現しようとした。イギリスのピューリタン革命、名誉革命、アメリカの独立革命フランス革命があげられる。市民革命をきっかけに封建的身分制が廃止され、個人の自由を保証する社会の形成が目指された。なお、ホッブズロックルソーらによって、この市民革命によって成立した近代社会を理論的に説明した。

市民革命 the statue of Liberty

市民革命 the statue of Liberty

目次

イギリスのピューリタン革命(清教徒革命)

1642年 ピューリタン革命(清教徒革命)
1688年 名誉革命
1689年 権利の章典

アメリカ独立戦争

1773年、本国イギリスが紅茶に重い税金をかけたことをきっかけに民衆の怒りが限界を超え、反発した人々がネイティブ・アメリカンに扮して、忍び込み海に投げ捨てたボストン茶会事件がおこる。この直後にイギリス軍と植民地民兵がぶつかり、戦争がおこる。1776年7月4日に植民地13州の代表が集まり、イギリスからの独立を決定し、独立宣言書を採択する。すべての人間は生まれながらに平等である、と書き記し、独立の金を鳴らした。独立戦争は8年に及んだが、イギリスと敵対していたフランスの支援もあり、1783年に植民地側が独立を勝ち取った。初代大統領は、独立戦争を指揮したジョージ・ワシントンが任命された。この影響はヨーロッパ各地に大きな影響を与えた。(アメリカ独立革命

1775年 独立戦争
1776年 独立宣言
1783年 パリ講和条約

フランス革命

フランス革命は市民革命を代表する革命である。当時、金や権力を独占していた王や貴族はフランスのわずか10%であった。王であるルイ16世や王妃マリーアントをはじめ、貴族が毎晩舞踏会を行い贅沢な生活をおこる一方で、、残り9割の民衆は貧困に喘いでいた。アイスランドで火山が噴火したことをきっかけに飢饉が起こり、民衆に飢えが襲ったが、貴族や王は十分な政策を行うことができず、贅沢な生活をとめることはなかった。また、この時期には、イギリスの対抗としてアメリカに支援を行い続け、戦費が加算だ。経済格差と飢えにフランス民衆が怒り、1789年、フランス革命が勃発する。奮起した民衆はアンヴァリッドから大砲などを奪い、政治犯が牢獄されていたバスティーユ牢獄を襲撃した。まもなく自由、平等、博愛を掲げた革命軍は国王軍を打ち破り、1793年、コンコルド広場で王と王妃の処刑が行われる。ここに絶対的な王の統治は崩れ、民衆の時代が始まる。

意見の違いから派閥が乱立し、フランス各地で血を流す対立が生まれ、5万人を越える人々が殺される恐怖政治が行われる。国民の貧困は悪化し、混乱を窮めた。こ恐怖政治の下で、当時下級士官だったナポレオンが現れ、瞬く間に軍を掌握、混乱した世の中を平定することに成功する。その後、ナポレオンは諸外国の内政干渉を退け、国内改革に着手、ナポレオン法典を設立し、国内に統一した民法を掲げる。法の下の平等、宗教の自由、経済活動の自由を保証することで王の支配を取り除き、フランスの民衆は、近代国家フランスの国民となった。1804年、ノールダム大聖教でナポレオンが皇帝に即位、国民支配の絶対的な王となった。その後、フランス革命の理念であるヨーロッパ統一を目指し、各国に進軍、領土を拡大し、わずか9年でヨーロッパの多くを占領した。

1789年 バスチーユ牢獄襲撃、フランス革命、人権宣言
1804年 ナポレオンが皇帝に即位

タイトルとURLをコピーしました