加速度|単位時間あたりの速度の変化量

加速度

加速度とは、単位時間あたりの速度の変化量と定義される。平均の速度から平均時間を割ったものを平均加速度という。(s/t)平均を計算する平均加速度や自由落下運動を平均加速度である。

目次

平均加速度

t (s)のときの物体の速度v(m/s)、t'(s) のときv’(m/s)に変化したとき、(v’ーv)/(t’–t) である。

重力加速度

地球上での物体の落下運動における加速度は常に一定で、g=9.8m/s² である。
真空中では、物体は一定の加速度で落下するがこれは、地球の重力によるもので、この加速度を重力加速度という。空気中で落下する物体は、空気抵抗を受け、等加速度運動ではないが、近似的に等加速度運動とみなし、重力加速度gは、9.8m/s²として計算する。


Sidebar