主投影図|正面図

主投影図(正面図)

主投影図(正面図)とは投影図の中でも中心となる図面で、対象物の、もっとも形状のわかる方向で描かれる。

三角法の配置

三角法の配置

寸法

加工の際に混乱しないため、主投影図に集中して寸法を描くようにする。

向き

もっとも対象物の情報を与える投影図を主投影図にする。
主投影図(図面)は加工者が通常、加工する向きに描く。
組立図のように主として機能を表す図面では、対象物を使用する状態に置く。
部品図のように、加工のための図面では、加工者が通常、加工する向き(加工量の多い向き)に描く。
どちらでも良い場合は、横長方向に配置する。

補足の投影図

主投影図

主投影図

主投影図の補足するための投影図は、最低限にし、主投影図だけで表せるものに対しては、他の投影図は描かないようにする。寸法補助記号(φやtなど)を使って図形の数は最低限にし、製図能率を向上させることを心がける。