三角比|三角比の定義と法則,鋭角三角比

三角比

三角比はOを原点とする座標平面上でA(γ,0)(r>0)とし、半円周x2+y2=r2(y≧0)上にある点P(x,y)を考える。∠POA=θ(0≦θ≦180°)とするとき、sinΘ=a/c,cosΘ=b/c,tanΘ=y/xと定義される。

目次

正弦、余弦、正接

sinΘ,cosΘ,tanΘをそれぞれΘの正弦、余弦、正接という。

鋭角の三角比

直角三角形で、sinΘ=a/c,cosΘ=b/c,tanΘ=a/bである。
a=c sinΘ,b=c cosΘ