ワッシャー(座金)

ワッシャー(座金)

ワッシャー(座金)とは、普通、平座金のことを指すが、ばね座金、歯付座金、さらばね座金など様々な種類がある。主にはボルトと一緒に使われ、ゆるみ止め対策として使われる。シンプルな部品であるが、締結したい部材の表面の粗さがわるいときの対策や電気関係の接地など様々な効果がある。

プレーンワッシャー(平座金)

プレーンワッシャー(平座金)とは、単にワッシャーとも呼ばれ、ねじの締結部分に使われる部品である。円形だけでなく四角座金もある。対象物とねじとの面積を補助したり、対象物の粗さを覆うことで、ねじゆるみ止めを目的としている。締結を補助する役割を担う機械要素である。通常、ねじ部分はワッシャーとともに使われるため、セットになったワッシャー組込ボルトやフランジ付きボルトなどもある。

スプリングワッシャー(ばね座金)

スプリングワッシャー(ばね座金)とは、平座金の一部を切り開き、ばねの機能を持たせたもので、ワッシャーとともに使われることが多い。ばねになっていることで、上下にトルクがかかり、ねじの締結力の向上や振動によるゆるみ止めに使用される。

ロックワッシャー(歯付き座金)

内側外側に歯がついており、部材に食い込むことによってゆるみ止めの役割になる。

セムスねじ

ワッシャーはねじと合わせて使うため最初から組み込まれているセムスねじ(ワッシャー組み込みボルト)がある。作業効率がよいため広く使われている。

平座金の種類(JIS B 1256)

種類 部品等級 硬さ区分
(HV)
適用ねじ呼び径
(mm)
小形 200,300 1.6~36
並形 200,300 1.6~64
並形 100 1.6~64
並形面取り 200,300 5~64
大形 200,300 3~36
大形 100 3~36
特大形 100 5~36

適用される締結部品は、一般用のボルト、小ねじおよびナットで、平座金の種類ごとに適用に望ましい部品の強度区分、材種、部品等級などが例示されている。