リスクアセスメント|事故や災害の事前予知

リスクアセスメント

リスクアセスメントとは、職場にある危険性や有害性を見つけ出して、そのリスクを除いたり、減らしたりする手法で、労働者にとって身体的・精神的リスクを減らすことを目指して行われる。災害が起こってからではなく、事前予知の技術であり、労働環境の整備のため、徹底したリスクアセスメントが求められる。

目次

リスクアセスメントの必要性

通常、事故や災害が発生した後は、その原因を分析して、再発防止策をはかり、職場で徹底していく手法が問われる。対策を共有することによって次の事故を回避することができるが、事故の発生後の対応で、予防的な対応を行うことはできない。事故や災害を予知・察知し、未然に防止するリスクアセスメントが求められる。

メンタルヘルス

身体リスクだけでなく、精神リスクもまたリスク要因となり得る。そのため製造業だけでなくあらゆる業種でリスクアセスメントが必要である。メンタルヘルスなども対象としてあらゆる観点から対策しなければあらない。

リスクアセスメントの特徴

  • 職場のリスクが明確になる
  • 災害への防止策の立案する
  • リスクを明確化し、対策の優先順位をつける
  • 対策措置の意味と必要性を自覚する

リスクアセスメントとの流れ

  1. 危険性または有害性を特定する
  2. ケガ・病気の発生頻度と発生するケガや病気の程度についてのリスクを見積もりする
  3. 対策の優先順位と対策の実施の難易度を見極める
  4. 簡易に対策できるものは早期に対策する
  5. 簡易に対策できないが、重要な事故を起こすものは必ず対応する
  6. 簡易に対策できないが、大きな事故につながる可能性がないものはいつまでになにをするかを決める

Sidebar