ラビリンスシール

ラビリンスシール

ラビリンスシールは、狭いすきまと広いすきまを交互に設けることでシールする機械要素である。ポンプやモータからの流体の漏れの防止、工作機械の主軸への切削油や切粉の浸入の防止、蒸気タービンの蒸気の圧力を次第に低下による漏れの防止などで利用される。