サンドロ・ボッティチェリ|ルネサンス,『春』,『ヴィーナスの誕生』

サンドロ・ボッティチェリ Sandro Botticelli 1444/45-1510

イタリアのフィレンツェに生まれた。ルネサンスの画家。代表作は『春(プリマヴェラ)』、『ヴィーナスの誕生』、『メラグラーナの聖母』。合理的な写実主義を学びながら、やがて人物の姿をデフォルメして理想的な美と調和を追求し、甘美な叙情性にあふれる作品を描いた。

サンドロ・ボッティチェリ

サンドロ・ボッティチェリ

『春』ボッティチェリ

『春』ボッティチェリ

『春』ボッティチェリ

1478年に書かれた。200種類に近い花々が描きこまれており、ボッティチェリの自然観察の豊かさが特徴である。