ベーコンの生涯

ベーコンの生涯

フランシス・ベーコンエリザベス一世の下で働くサー・ニコラス・ベーコン(父)とアン(母)で生まれる。法律、政治学、哲学、歴史、文学などあらゆる学問に精通した。イギリス経験論の祖。父親の死後、苦労を続け大法官までのぼりつめたが、就任後収賄罪で告発されるのをきっかに政界を引退する。

フランシスベーコンの生誕から

エリザベス一世の国璽尚書で学識が有るサー・ニコラス・ベーコン(父)と大蔵卿バーリーの妻の妹だった、ラテン語とギリシャ語を習得していたアン(母)の元に生まれる。幼少期から宮廷社会で暮らし、幼い頃からエリザベス女王に可愛がられながら過ごす。12歳のときケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジに入学し、16歳のとき、駐仏イングランド大使の一人として仏に渡った。政府高官を目指したが、彼が18歳のときに父親が死に財産がほとんど残されていなかったことをきっかけに困難になると思われ、法律の勉学に努めた。この当時からすでに多才で、法律、政治学、哲学、歴史、文学に精通し、人間の知識の全体を組織化し、有効に使うための計画を立てていた。

代議士時代

1584年、メルカム・リージス選出の代議士として下院に属した。彼の最初の演説をエリザベス女王は好まず、ベーコンの希望や実績に見合った昇進が認められることはなかった。エリザベス女王の寵臣エセックス伯が女王の不興を招き反乱を企てると、その結果生じたエセックス伯の起訴に関与したため、友人を裏切ったと非難された。その後、ジェイムズ一世が王位を継承するとナイトに叙せられる。

高官時代から政界の引退

1618年、政府の大法官になる。同年、ヴェルラム男爵になり、1621年、セント・オールバンズ子爵になる。しかしまもなく、収賄で告発、4万ポンドの罰金と国会の資格剥奪、裁判所からの追放、そして王の沙汰のあるまでの投獄という判決がくだされる。結局、罰金の免除や数日の幽閉などが軽減されたが、彼のキャリアは終焉を迎えた。1626年、肉が冷気によって保存されるかどうかを調べるために鶏の体の中に雪を詰めたときに風邪をひき、それによって発症した発熱性気管支炎がもとで死んだ。

タイトルとURLをコピーしました