ヒヤリハット|ハインリッヒの法則に基づく事故防止策

ヒヤリハット

ヒヤリハットとは、労働作業において、「危ない!ヒヤリとした!」「危ない!ハットした!」とことを上げ、それを危険回避ことによって、災害防止に結びつける活動をヒヤリハットという。(その他ヒヤリハット活動やヒヤリ・ハット報告などと呼ばれる。)ヒヤリハットは、一件の重大な被害発生の背景には、29件の軽傷、300件のヒヤリハットがあるというハインリッヒの法則に基づいて設計されている。

ハインリッヒの法則
ハインリッヒの法則

目次

ハインリッヒの法則

ハインリッヒの法則は、1件の重大災害発生の背景には、29件の軽傷、300件の「危ない!(ヒヤリハット)」があるという法則である。数値そのものは経験則や類推に基づくものであるが、重大な災害の背景には、軽傷な災害やヒヤリハット事例のような危険状態が多く存在することに着目しなければなりません。

重傷:軽傷:ヒヤリ・ハット=1:29:300

報告者を責めない

ヒヤリハットや小さなミス・ケガの報告者は自らのミスであると責められることがある。または責められることを懸念して萎縮することがある。報告に対して、「責めない」、「怒られない」という態勢を徹底することが必要である。あくまでも、目的は、災害防止や環境などの改善であり、将来にわたってゼロ事故の実現を目的としている。


Sidebar