チタン合金|軽く高強度で弾性に富んだ材料

チタン合金

チタン合金は、チタン(Ti)にアルゴン(Al)、バナジウム(V)、すず(Sn)、モリブデン(Mo)などを添加して耐食性や機械的強度を向上させた合金である。とくに、アルゴン(Al)を加えることで、純チタンより強度が高まる。チタン合金は、軽くて丈夫でさびにくいという性質を活かして、航空機、とくに戦闘機の発展とともに開発が進められてきた。例えば、ジェットエンジンのタービン部分で使用され、エンジンの軽量化に貢献している。

チタン合金は、アルミニウム(Al)を含有するα合金、アルミニウムとバナジウム(V)を含有するα+β合金、バナジウムを20%以上含有するβ合金と分類されている。

TAF6400

TAF6400(Ti-6Al-4V)とは、64チタンともよばれ、チタン(Ti)にアルゴン(Al)を6%、バナジウム(V)を4%添加した合金である。α+β合金の代表で、高い強度をもち、構造用に多用されている。大きなスプリングバックと、優れた深絞り性を生かす成形加工条件を選定する必要がある。溶接方法はTIG溶接を用いる。

チタン合金の引張強さ

TAF6400:895MPa以上
TF550:550~750MPa

Ti-6Al-4V-ELI

Ti-6Al-4V-ELIは耐食性に優れたチタン合金で、船舶・海洋分野関連で広く用意られている。日本の深海潜水調査船「しんかい6500」の耐圧殻にも用意られていることで知られている。なお、ELIとは、不要な元素の含有量をきわめて低いレベルに抑えている(extra low interstitials)ことを意味する。

タイトルとURLをコピーしました