シオニズム運動|ユダヤ人の国家建国運動と中東戦争

シオニズム運動

シオニズム運動とは、聖地エルサレムにあるシオンの丘を目指してユダヤ人の国家建国運動である。ナータン・ビルンバウムによって名付けられた。シオニズム運動の活動家は、シオニストと呼ばれる。

シオニズム運動

ローマ帝国で迫害の対象となって以来、キリスト教が支配する社会では迫害の対象となる。迫害を逃れるため、自分たちの国の建国を考えたユダヤ人たちが、ユダヤ王国のあった場所に自分たちの国を作る運動を始め、それをシオニズム運動と呼んだ。

第一回シオニスト会議

1897年、スイスのバーゼルで、第一回シオニスト会議が開かれた。この会議でシオニズム運動の方向性が決まった。

パレスチナ

ユダヤ教は、『旧約聖書』を聖典としているが、『旧約聖書』によれば、「カナンの地」と呼ばれるパレスチナに移ってきたアブラハム(ユダヤ人の始祖)は、神ヤハウェ(エホバ)を唯一神として信仰すると誓った、そして神は、「この地をあなたの子孫に与える」と約束した、とされている。パレスチナは、ユダヤ人にとって約束の地であり、パレスチナは、もともと我々の先祖が神から授かった神聖な場所であり、パレスチナこそ我々の国の再建にふさわしい、という発想が生まれた。

中東戦争

それまでのパレスチナで暮らしていた住民は、強引なユダヤ人国家の成立に反感を持ち、ここにパレスチナ問題が発生、中東戦争が起こった。