ケンヘルケプシェフ|古代エジプトの庶民

ケンヘルケプシェフ

3200年前の古代エジプトの庶民。カルナール神殿が作られたルクソール近郊のデル・エル・メディーナで暮らしたと考えられている。父親はパナクト。母親はセネトネフレト。手紙、教科書、家計簿など200枚のパピルス(紙)を残した。書記として古代エジプトで活躍した。

父親からの忠告

父親から「子供のころはとにかく勉強をせよ。そうしないとだめなオトナになってしまう。」と言い聞かされていた。

書紀

子供の頃から書記を希望し、書記となった。庶民がなれる比較的地位の高い職業として人気があった。

ラブレター

ラブレターが残されている。

彼女が僕に会いに来た。
僕に起こったことはなんとすごいことか。
うれしくて楽しくて僕は気分爽快。
そうだ、女神にお祈りしよう。
あの子を僕にくださいと。
(ケンヘル・ケプシェフ)

彼の家の近くに通りかかると、家の扉があいていた。
その時、彼が私に目をくれた。
神様、願いがもしも叶うなら
私はあのひとの下にかけつけ
みんなの前でキスをします。
誰概要とも、恥ずかしくもありません。
(ケンヘル・ケプシェフの恋人)

夫婦円満の秘訣

妻をふさわしい方法で愛せ、生きている限り彼女の心を喜ばせよ。(ケンヘルケプシェフ)

サイン

王家の谷ではケンヘル・ケプシェフのサインが残されている。

上司に対する不満

上司の命令には逆らうな、部下である限り上司の命令は絶対だ。雨になる日もあると思え。

不眠症

不眠症に悩まされ、「悪夢よ、退散せよ。」と書かれたお守りを持っていた。