アントニヌス|極めて安定した時代のローマ帝国の皇帝

アントニヌス

アントニヌスがおさめたローマ帝国は、極めて安定した時代で大きな問題は起きなかった。元老院との協調もうまくいき、国庫は財政上に安定していた。

アントニヌス

138年、52年アントニヌスが帝位につく。繁栄と平和の時代であり、特に問題起らなかった時代である。アントニヌスは経験で祖国愛にあふれ、ピウス(敬虔なるひと)の称号が与えられた。

元老院との協調

元老院との協調にあふれ、重要な決定は私的な顧問に委ねるように務めた。官僚制の設備が進み、財政は安定していた。アントニヌスが死ぬとき、国庫には6億7600万デナリウスが残されていたと言われ、ローマ帝国の最高資産であった。