アルキメデスの原理

アルキメデスの原理

アルキメデスの原理とは、静止した流体の中にある物体は、それが排除した流体の重量に等しい大きさの鉛直上向きの力を受けるという原理である。水に氷が浮かぶなどの現象を説明する原理である。