ひずみ

ひずみ Strain

ひずみとは、材料に外力が加わり変形すること、「変形量/もとの長さ」で表される。単位はない無次元量である。縦ひずみ、横ひずみ、せん断ひずみがある。

ひずみによる変形

変形には、大きく引張り、圧縮、せん断、曲げ、ねじりである。

引張 tension

引張とは、引張方向にが加わることでおこる変形で材料は伸びる。

圧縮 compression

圧縮とは、圧縮方向にが加わることでおこる変形で材料は縮む。

せん断 shearing

せん断とは、せん断方向にが加わるこでおこる変形で材料はゆがみ、せん断される。

曲げ bending

曲げは同一面から一方向に加わる変形で材料は曲がる。

ねじり torsion

ねじりは回転方向に加わる変形で、材料はゆがむ。

縦ひずみ

縦ひずみ(垂直ひずみ)とは、材料(ここでは丸棒)の軸方向に荷重Pが作用したときにできるひずみで、 引張りに対応したひずみが正、圧縮ひずみが負で表される。

横ひずみ

横ひずみとは、縦ひずみの長さの変化と同時に起こる直径の変化である。(ここでは丸棒を想定)。縦ひずみが負(圧縮変形)の場合は、横ひずみは正となる.

せん断ひずみ

せん断ひずみとはせん断荷重によって生じるひずみである。高さに対するずれの比率で表され、ずれ/高さで示される。