ぜい性破壊

ぜい性破壊

ぜい性破壊とは、ガラスや陶器などのようにもろく破断する現象である。高速で伝播し、板厚の現象がなく、銀白色のキラキラした光沢できる。

ぜい性破壊

  1. 亀裂や切欠などの応力集中の存在
  2. 引張応力の存在
  3. じん性の不足

シェブロンパターン

ぜい性破壊の際、破面は末広がりのシェブロンパターン(山形の模様)が観察される。