すきまばめ|JIS,はめあい,機械設計

すきまばめ

すきまばめとは、穴と軸を組み立てたときに、常にすきまができるはめあいである。穴の最小寸法が軸の最大寸法よりも大きく、すきまが多い。また、すきまができず、しめしろができるはめあいをしまりばめ、しめしろあるいはすきまができるはめあいを中間ばめという。

すきまばめ

すきまばめ

すきま

すきまとは、軸の寸法が穴の寸法よりも小さい場合の組み合わせる前の穴と軸との正の寸法の差をいう。そのうち、最小すきま(穴の最小許容寸法と軸の最大許容寸法)と最大すきま(穴の最大許容寸法と軸の最小許容寸法との正の差)がある。