『法の精神』モンテスキュー

『法の精神』モンテスキュー

『法の精神』(1748年)は、モンテスキューの主著で政治学、法哲学について書かれている。様々な国や時代の法律を比較・検討し、自然に沿って実定法を設定する必要があるとした。

モンテスキュー

モンテスキュー

三権分立

モンテスキューは、『法の精神』で三権分立の重要性を説いた。国の統治を立法、行政、司法の見つに分け、それぞれに独立性をもたせ相互に監視させる。この三権が均衡状態にたもち、政治を安定させることが必要とした。