『形面上学』アリストテレス

『形面上学』アリストテレス

アリストテレスの哲学的な主著(講義録)。「形面上」とは形のあるものをこえたものという意味である。もともとはアリストテレスの著作の編集に際して、この著作が『自然学』(フィジカ)の後 (メタ)に置かれたことから、「自然学の後 に来るもの」という意味でメタフィジカと呼ばれたことに由来する。存在するものとは何かを探究したもので、アリストテレスはそれを実体と呼び、実体はそのものが 「何か」を規定する本質である形相(エイドス)と、素材となる質料(ヒュレー)の合成 から成り立つと説いた。