『プリンキピア』ニュートン

『プリンキピア』ニュートン

『プリンキピア』はニュートンの主著。1687年の刊行。正式の題名は『自然哲学の数学的原理』で、地上から天体までのあらゆる自然現象の運動を説明する原理(プリンキピア)として、万有引力の法則を説く。力学の基本法則として、慣性の法則、運動方程式、作用・反作用の法則の三つがあげられ、ニュートンの三法則と呼ばれる。