論理学

人文科学

フリードリヒ・ヘーゲル|思想,世界史

フリードリヒ・ヘーゲル  1770年~1831年 ヘーゲルとはドイツの哲学者でドイツ観念論の流れの完成形といえる。主著は、『精神現象学』、『論理学』『エンチクロペディー』『法の哲学』、『歴史哲学』。18歳でチュービンゲン大学の神学部に...
人文科学

ハインリヒ・ヨーン・リッケルト|新カント派と哲学

ハインリヒ・ヨーン・リッケルト Heinrich John Rickert 1863年5月25日 – 1936年7月25日) ドイツの哲学者。新カント派・西南ドイツ学派。 新カント派の発展 ヴィンデ...
哲学

カテゴリー|カント

カテゴリー 認識論におけるカントの用語で主観が先験的にそなえている思考の形式・枠組みを指す。主観は、感性に経験的(アポステリオリ)に与えられた多様な感覚的印象を、先験的な悟性の思考形式(カテゴリー)のもとに包摂し、その枠組みの中で統一...
人文科学

アリストテレスの論理学

アリストテレスの論理学 アリストテレスの大きな仕事として論理的研究がある。学問的思惟の形式および法則を取り扱ったもので、今日、伝統的論理学と呼ばれるものは、大部分がアリストテレスの研究成果であり、歴史的に極めて重要である。 ...
哲学

演繹法

演繹法 deductive method 演繹法とは、普遍的・客観的な原理から理性的な推論によって特殊な真理を導く推論方法。前提から論理的な筋道を立てて結論を推理すること。これに対し、具体的な事例からから推論をする方法を帰納法という。...