薩英戦争

日本史

薩長同盟|坂本龍馬と中岡慎太郎の仲介による和解

薩長同盟 尊王攘夷を掲げ倒幕に進む長州藩と、近代化を推し進め幕府とも協力関係にあった薩摩藩とが互いの対立を和解し、薩長同盟を結んだ。土佐の中岡慎太郎や元土佐藩の坂本龍馬が政治的・経済的に仲介役を担い、国力を疲労させる内乱を避け、倒幕に...
日本史

小松帯刀|薩摩藩,西郷隆盛,坂本龍馬

小松帯刀 こまつ きよかど 小松帯刀 天保6年10月14日(1835.12.3) - 明治3年7月20日(1870.8.16)は、薩摩藩の家老、維新十傑の一人。柔軟な調整力で薩摩藩を主導し、日本を明治維新へと導いた。アーネスト・サトウ...
日本史

西郷従道|西南戦争で活躍した,西郷隆盛の弟

西郷従道 さいごう じゅうどう 天保14年5月4日(1843.6.1) - 明治35年(1902.07.18.) 西郷従道は、明治時代の政治家・軍人。西郷隆盛の弟として天保14年(1843年)5月14日、鹿児島城下の下加治屋町に生まれ...
日本史

薩英戦争|薩摩藩とイギリスとの戦争,攘夷の限界

薩英戦争 生麦事件を巡り、薩摩藩とイギリス艦隊が軍事衝突した事件。イギリス代理公使E.ニールは、幕府に対して事件の責任者処罰および10万ポンドの賠償を請求した。幕府は柔軟に応じたものの、当時衰退した幕府には、薩摩藩を従わせることができ...
日本史

生麦事件|薩摩藩によるイギリス大使殺害事件と薩英戦争

生麦事件 1862年8月、イギリスの商人リチャードソンらが大名行列の前を横切ったたため、礼を欠いたとして殺された事件。薩摩藩主の島津久光は朝廷の使者として、江戸に幕政改革を伝えたがその帰路、東海道の生麦(現在の横浜市鶴見区)を通行して...
日本史

五代友厚|薩摩藩,実業家,大阪商科大学,大阪商工会議所

五代友厚 五代友厚は天保6年(1835)~明治18年(1885)、薩摩藩士で明治維新の実業家であった。天保6年(1835)、薩摩国鹿児島郡にて儒官である父の五代直左衛門の次男として生まれる。実業家として特に関西地方の商工業発展に貢献し...