管継手

工学

流体伝導要素|管、管継手、バルブなどの機械要素

流体伝導要素 流体伝達要素とは、油、水などの流体やガスや空気などの気体を流す場合に使われる。またそれらに動力や運動エネルギーを伝える機能をもつ機械要素である。具体的には、管(パイプ)、管継手、バルブのことで水道栓やガス栓などに使われる...
工学

管 管(パイプ)は流体を送ることを目的とした機械要素で、ポンプやバルブ、タンクをつなぐ重要な部品である。流体には、水・油・空気・ガス・水蒸気などを扱う。管(パイプ)を扱うには、流体の圧力・流量・流速・温度、運転条件、施工条件など様々な...
工学

管継手

管継手 管継手は、管と管、管とバルブや機械とを接続する重要な機械要素である。管と管をつなぐ接続延長に加え、構成の中で、曲げ、分岐、拡大・縮小などの役割を担っている。また、施工・メンテナンス性の役割を担うため、容易に組み立て分解を可能と...
工学

バルブ

バルブ バルブは、配管部品のひとつで流体の流れや圧力を制御する目的を持つ機械要素である。バルブによって流体の流れをコントロールすることができる。 バルブの構成 バルブは、ねじ、ばね、ベアリングなど多...