禁門の変

日本史

木戸孝允(桂小五郎)|長州藩,維新の三傑

木戸孝允(桂小五郎) 木戸孝允(桂小五郎)は幕末・明治初期を代表する政治家である。長州藩士。藩政の中心として、幕末期の長州藩を主導し、西郷隆盛・大久保利通と共に維新の三傑と称された。松下村塾で学び、積極的に攘夷を唱えながらも、開明的な...
日本史

小松帯刀|薩摩藩,西郷隆盛,坂本龍馬

小松帯刀 こまつ きよかど 小松帯刀 天保6年10月14日(1835.12.3) - 明治3年7月20日(1870.8.16)は、薩摩藩の家老、維新十傑の一人。柔軟な調整力で薩摩藩を主導し、日本を明治維新へと導いた。アーネスト・サトウ...
日本史

会津戦争|戊辰戦争,不義をもって生きず

会津戦争  明治新政府軍、東北地方の統治にたいし、会津藩は抵抗を続けた。犠牲者は民間人も含めて2500人に上ったと言われている。少年達が自害した白虎隊の悲劇も会津戦争の最中に起った出来事であった。やがて会津藩は若松城に立てこもることに...
日本史

久坂玄瑞|長州藩,イギリス公使館焼き討ち,禁門の変

久坂玄瑞(くさか げんずい) 久坂玄瑞は、長州藩士で尊皇攘夷の中心人物である。天保11年(1840)~元治元年(1864)。長州藩の萩藩医の家に生まれた。吉田松陰が開いた松下村塾で学び、高杉晋作とともに双璧と呼ばれるほど、秀才であった...
日本史

禁門の変(蛤御門の変)|第一次長州征伐,池田屋事件,真木和泉,久坂玄瑞

禁門の変(蛤御門の変) 禁門の変とは、元治元年1864年、長州軍による京都御所への襲撃をいう。池田屋事件の知らせが長州に届くと長州の家老たちは1600人の兵を連れて京都へ出陣した。7月長州軍は京都御所の周りに布陣し、御所に向かって攻撃...
日本史

八月十八日の政変|薩摩藩・会津藩と長州藩との衝突

八月十八日の政変 八月十八日の政変は、1863年8月18日、公武合体論を推し進める薩摩・会津の両藩が、尊皇攘夷派の公家三条実美たちを京都から追放した事件。公家の三条実美ら長州藩を中心に攘夷運動を支援していた。京都守護職会津藩は蛤門にて...
日本史

第一次征長戦争(第一次長州征伐)

第一次征長戦争 第一次征長戦争とは下関戦争の敗北や禁門の変で疲労した長州に対して、徳川幕府は35藩に長州への出兵を命じた戦争。圧倒的な数を誇ったが、多くの藩は財政難で士気は高くなかった。(参考:第二次征長戦争) 目次 ...