生麦事件

日本史

生麦事件|薩摩藩によるイギリス大使殺害事件と薩英戦争

生麦事件 1862年8月、イギリスの商人リチャードソンらが大名行列の前を横切ったたため、礼を欠いたとして殺された事件。薩摩藩主の島津久光は朝廷の使者として、江戸に幕政改革を伝えたがその帰路、東海道の生麦(現在の横浜市鶴見区)を通行して...
日本史

薩英戦争|薩摩藩とイギリスとの戦争,攘夷の限界

薩英戦争 生麦事件を巡り、薩摩藩とイギリス艦隊が軍事衝突した事件。イギリス代理公使E.ニールは、幕府に対して事件の責任者処罰および10万ポンドの賠償を請求した。幕府は柔軟に応じたものの、当時衰退した幕府には、薩摩藩を従わせることができ...
日本史

尊王攘夷|天皇崇拝と排他主義,幕末

尊王攘夷 尊皇攘夷とは、天皇崇拝思想である尊皇思想と外国人排斥を唱える攘夷が結びつき、形成された政治思想。欧米列強の圧力の中で幕藩体制が傾いた中で生まれた。背景には通商貿易による物価の上昇や外国人犯罪、植民地支配の恐怖がある。やがて長...
日本史

文久の改革|一橋慶喜を将軍後見職、松平慶永を政事総裁職に

文久の改革 1862年、文久の改革は勅命により実施された幕政改革である。大きな目的は人事で井伊直弼が桜田門外の変で殺害されたのをうけ、一橋慶喜を将軍後見職、松平慶永を政事総裁職、松平容保を京都守護職に認容し、主流派が一橋派に変わった。...