熱処理

工学

加工硬化|結晶が引き伸ばされることで材料の硬度が高くなる

加工硬化 加工硬化(加工ひずみ)とは、材料を加工するとき、材料に大きな力がかかり、結晶が引き伸ばされることで材料の硬度が高くなる。ある程度引き伸ばされると、それ以上は変形しにくくなり、強さと硬さが増す。ただし、脆弱性が高くなりもろくな...
工学

機械加工|機械材料を任意の形状に形作る

機械加工 機械加工とは、機械材料を任意の形状に形作ることをいう。ドリルやエンドミルで形を作る成形加工、曲げたり鋳造したりする成形加工、溶接や接着による接合加工などを組み合わせることで任意の形状を形作る。形状に特殊な性質を付与する熱処理...
工学

高速度鋼|タングステン,モリブデン

高速度鋼 高速度鋼はハイス(ハイスピードスチール high-speed steel)といい、切削速度が早いスピードに耐えうることからきている。合金工具鋼より早く削れ、大きい焼入性、高い硬度、高い靭性、耐久性に優位であることに特徴がある...
工学

浸炭鋼|浸炭,鋼の熱処理

浸炭鋼 浸炭鋼とは、本来、炭素量が少ない鋼に対して、浸炭という熱処理をほどこされてできた鋼で、肌焼鋼ともいう。大きく浸炭用炭素鋼と浸炭用合金鋼に大別される。浸炭とは、炭素量が少ない鋼に対して外部から炭素を浸透させると、鋼の表面から内部...
工学

熱処理|焼入れ,焼戻し,焼なまし,焼ならし

熱処理 熱処理とは、金属を加熱・冷却することで、その機械的性質を改善することである。炭素鋼は、適当な温度で加熱・冷却することで、その機械的性質を調整できる。炭素鋼の熱処理では、焼入れ、焼戻し、焼なまし、焼ならし、ゼロサム処理がある。ま...
タイトルとURLをコピーしました