汎神論

哲学

汎神論|スピノザ

汎神論 pantheism 汎神論とは、すべて(汎)が神の現れているという主張である。世界や自然そのものが神の現れであるという立場を指す。 スピノザの汎神論 近代の哲学者スピノザは神と創造物である自...
人文科学

バールーフ・デ・スピノザ|思想と哲学

バールーフ・デ・スピノザ Baruch De Spinoza 1632年~1637年 スピノザは17世紀のオランダの哲学者、数学者、科学者。主著は『エチカ(倫理学)』。スピノザは、デカルトを追って、哲学を、数学を範として、従来の乱雑...
哲学

神即自然 | スピノザ

神即自然 神即自然とは、神は自然であり、自然を知ることは神であるという、スピノザの考え方。スピノザのこの主張は、無神論的な汎神論は、当時、批判を受けた。 目次 スピノザの神 神は一切である ...
哲学

永遠の相の下に|スピノザ

「永遠の相の下に」スピノザ 「永遠の相のもとに」とは、スピノザの汎神論的な哲学の中心をなす言葉。万物を永遠の神の自己表現として、神によって必然的に定められた現れとして直観することをさす。万物は、唯一の実体である神によって必然的に規定さ...
哲学

『エチカ』スピノザ

『エチカ』スピノザ 『エチカ(幾何学によって証明されたエチカ)』はスピノザの主著。1662年から執筆が開始され、多忙のため途中中断した。1675年には完成されたが、当時のガリレオの宗教裁判の影響などもあり、出版されたのは死後、1677...