機械要素

工学

機械要素

機械要素 機械要素とは、結合要素(ねじ・溶接)、動力伝達要素(軸・歯車・カム)、動力制御要素(ばね)、流体伝導要素(管・バルブ)、潤滑要素(軸受・ベアリング)などに代表される機械に使われる機能の総称である。現代では、メカトロニクスの発...
工学

動力制御要素|ばねやブレーキなどの機械要素

動力制御要素 動力制御要素は、部品から部品に伝わる動力・運動エネルギーを蓄積・制御するための機械要素である。ばねというなで知られ、機械の様々なところで使われる。その他、ブレーキ(運動エネルギーを、摩擦エネルギーなどのほかのエネルギーに...
工学

潤滑要素|軸受(ベアリング)やガスケット・パッキンなどの機械要素

潤滑要素 潤滑要素とは、機械の中で部品が運動する部分に使われる機械要素である。具体的には、軸受(ベアリング)やガスケット類・パッキン類などの密封装置のことをいう。 軸受(ベアリング) 軸受とは、軸を支えなが...
工学

動力伝達要素|軸、カム、歯車などの機械要素

動力伝達要素 動力伝達要素とは、軸やカム、歯車に代表される、モータやエンジンなどの動力や運動を、より強く、より速く、より効率的に部品から部品へ伝える機械要素である。歯車やカムは、回転軸に取付けることで、回転の向き、回転方向、回転速度を...
工学

歯車|回転を作る機械要素

歯車 歯車とは、機械の回転運動を伝える回転軸に取付ける、溝を切った円板状の機械要素である。モータなどの回転運動を伝え、方向、種類、速さを変えることができる。大きな力でゆっくり回転させたり、小さな力で速く回転させたることができる。歯車は...
工学

伝動軸

伝動軸 伝動軸とは、回転しながらねじりモーメントによって仕事を伝達する軸である。 動力はトルク×角速度で表される。 動力 動力(単位あたりの仕事)はトルクT×角速度ωで表されるため、どち...
工学

結合要素|ねじ、ピン、リベットなどの機械要素

結合要素 結合要素とは、機械を構成するそれぞれの部品をつなぎ、止める要素である。ねじ、ピン、リベットがその代表で、あらゆる機械で利用されている。その機械の機能・用途に適した結合要素を選択・設計し、その機械の信頼性や生産性を高める必要が...
工学

ねじの締め付け力

ねじの締め付け力 ねじを締め付けるとき、ねじの軸に力が働く。 ねじの締め付け力 ねじの締め付け力は下記で計算できる。 ねじの締め付け力の計算 M20のねじを鋼板に締め付けるとき、...