構造主義

哲学

ポスト構造主義|デリダ、リオタールらによる新しい現代思想

ポスト構造主義 ポスト構造主義について、ポストとは後という意味で、構造主義が勃興してから終焉が叫ばれるようになった背景から、ポスト構造主義とは、構造主義を乗りこえる思想家の立場を目指す。名前からわかるようにポスト構造主義者すべての共通...
人文科学

構造主義|言語学,文化人類学,社会学,他

構造主義 structuralism 構造主義とは、ある事象の意味を、それ自体に求めるのではなく、それらの事象を関係づける社会的・文化的なシステム(構造)から説明する思想的な立場である。一般にソシュールの言語学やレヴィストロースの文化...
人文科学

レヴィ=ストロース|文化人類学者,構造主義の発見

レヴィ=ストロース Claude Lévi-Strauss レヴィ=ストロース(1908.11.28 - 2009.10.30)は、文化人類学者、哲学者である。主著は『親族の基本構造』『構造人類学』『悲しき熱帯』『野生の思考』『神話論...
人文科学

ラカン|鏡像段階,精神分析,フロイへの回帰

ラカン Jacques Lacan ラカン(1901-81)はフランスの精神分析学者。主著は『エクリ』。伝統的なフランス精神医学から出発しつつ、フロイトの思想の解釈とその理論の実践を行った。また、自己意識が他者によってつくられた虚像で...
人文科学

ミシェル・フーコー|哲学と思想,狂気の歴史,監獄の誕生

フーコー Michel Foucault ミシェル・フーコー(1926.10.15-1984.6.25)『監獄の誕生』主著『狂気の歴史」『言葉と物』『監獄の誕生』『性の歴史』。フーコーは、狂気と理性、異常と正常といった区別は「歴史」...