楔形文字

世界史

グローテフェント|ペルセピリス碑文から楔形文字を解読

グローテフェント Georg Friedrich Grotefend グローテフェント(Grotefend)1775~1853ドイツの考古学者。ペルセポリス碑文を研究し、楔形文字解読のきっかけをつかんだことで知られる。ギリシャ語に長け...
世界史

メソポタミア文明|メソポタミア地方で生まれた太古の文明

メソポタミア文明 メソポタミア文明はティグリス川・ユーフラテス川流域のメソポタミア地方でできた都市文明である。最初の都市文明を築いたのはシュメール人であったが、平坦で開放的な地形のため、セム系やインド=ヨーロッパ系の遊牧民、山岳丘など...
世界史

シュメール人|メソポタミア文明を築いた古代人

シュメール人 Sumeriaris シュメール人は、メソポタミア南部で最古の文明を築いた民族である。民族系統はわかっていない。前3000年頃から、ユーフラテス川、ティグリス川周辺にウル・ウルク・ラガシュなど多くの都市国家を建設し、青銅...
世界史

楔形文字|メソポタミア文明で使われた人類最初の文字

楔形文字 楔形文字はメソポタミアで使われた文字である。楔形文字は、象形文字から発達し、葦でできた先のとがった筆を使って粘土板に楔形を印した。メソポタミア文明で使われた楔形文字は人類最初の文字だと言われている。当初は模様として考えられて...