松下村塾

人文科学

吉田松陰|思想と哲学,留め置かまし 大和魂,長州藩

吉田松陰 1830~1859 吉田松陰は、幕末期の思想家・教育者。主著は『講孟余話』『留魂論』 。長州藩の下級武士の子として生まれ、5歳のとき兵学師範の吉田大助の養子になり、山鹿流兵学を学ぶ。家学に没頭し才覚を示し、潘の兵学の師範と...
日本史

木戸孝允(桂小五郎)|長州藩,維新の三傑

木戸孝允(桂小五郎) 木戸孝允(桂小五郎)は幕末・明治初期を代表する政治家である。長州藩士。藩政の中心として、幕末期の長州藩を主導し、西郷隆盛・大久保利通と共に維新の三傑と称された。松下村塾で学び、積極的に攘夷を唱えながらも、開明的な...
日本史

高杉晋作|長州藩,おもしろきこともなき世をおもしろく

高杉晋作 幕末期の長州藩士。奇兵隊の創設者。長州藩の保守派と対抗し、倒幕の歴史的な流れを作った。クーデター挙兵によって長州藩をまとめあげ、その後の政局に大きな影響を与えた。幕長戦争では長州軍を指揮して幕府軍を退けた。 ...
日本史

松下村塾|吉田松陰,誓って神国の幹とならん

松下村塾 松下村塾は外国に対して危惧した吉田松陰が立ち上げた塾である。身分にかかわらず、志のある者は誰もが入ることが出来た。松下村塾では個性を重んじた授業が行われ、講義の内容は日本を取り巻く国際情勢を中心に、欧米列強の軍事力の脅威を説...