新カント派

人文科学

ヘルマン・コーエン|新カント学派と哲学

ヘルマン・コーエン  Hermann Cohen 1842年7月4日 - 1918年4月4日 ドイツの哲学者。新カント派。 コーエンの認識論 コーエンは、一般に感覚の内容は認識論に与えられる所与であると考え...
人文科学

ハインリヒ・ヨーン・リッケルト|新カント派と哲学

ハインリヒ・ヨーン・リッケルト Heinrich John Rickert 1863年5月25日 – 1936年7月25日) ドイツの哲学者。新カント派・西南ドイツ学派。 新カント派の発展 ヴィンデ...
哲学

新カント派

新カント派 19世紀後半から20世紀はじめにかけて活躍したドイツの哲学運動。「カントに帰れ」を掲げ、ドイツの観念論を復興しようとした。新カント派は大きく西南学派とマールブルク学派にわかれる。新カント学派は、新しいドイツ哲学だけにとどま...
人文科学

ヴィルヘルム・ヴィンデルバント|新カント派と哲学

ヴィルヘルム・ヴィンデルバント  Wilhelm Windelband  1848年5月11日 - 1915年10月22日 ドイツの哲学者。ハイデルベルク大学教授。新カント派の代表(西南学派)。 歴史学・文化学の自然科学...
人文科学

マールブルク学派|思想と哲学

マールブルク学派 新カント派。コーエンによって創始され、ナトルプ、カッシーラーによって継承された。自然科学を中心として唯物論を批判、純粋思考の観念を主張した。