応力

工学

ねじり応力

ねじり応力 ねじり応力とは、軸(シャフト)が受けるねじりのモーメントにより発生する応力のことをいう。ねじりモーメント×中心からの距離に対して、断面二次極モーメントで割ることでねじり応力を求めることができる。 ...
工学

応力|荷重に対して材料内部に発生する単位面積当たりの力

応力 応力は内力の単位面積あたりの値と定義されるので、内力が同じとき、断面積が小さいと応力は大きくなり、断面積が大きいと応力は小さくなる。 応力の単位 応力の単位には N/m2または、Pa(パスカル)を用い...
工学

熱応力|温度変化の膨張・縮小による材料内部に生じる応力

熱応力 熱応力は温度変化によって膨張・縮小が繰り返される材料に対し、材料内部に生じる応力を熱応力という。材料が拘束された状態において、温度上昇に伴い圧縮応力が、冷却に伴い引張応力が発生する。なお、材料の一部加熱などによって温度の不均一...
工学

応力集中

応力集中 応力集中とは、本来、フックの法則により、一定にかかる応力に対して、材料に穴や切りかけがある場合には、応力の分布は一様ではなく、穴などに局所的に高くなることである。通常、急激に変わるところに応力がかかりやすくなり、急激な形状変...
工学

2つの壁に固定された段付き棒の計算

2つの壁に固定された段付き棒の計算 2つの壁に固定された段付き棒の計算を考える。 力のつり合い 材料(青)にかかる力と材料(緑)にかかる力に着目して、P1...
工学

応力-ひずみ曲線

応力-ひずみ曲線 材料に荷重が加わると応力とひずみが生じるが、その関係を表すものを、応力-ひずみ曲線である。降伏現象が起きる鋼では、下図のような応力―ひずみ曲線ができるが、材料によって異なる。 降伏現象 ...
工学

引張試験|応力-ひずみ線図

引張試験 引張試験は、材料の特性を測定する材料試験である。円形または長方形断面の平行部を持つ試験片を軸方向に引っ張り、それが破断するまでの荷重や変形量を測定する。引張試験では、その際の材料の変化に対する抵抗性の大小を知ることを目的とし...